まずは原因を知るべし

このページでは、ゴミ屋敷発生の原因について調べています。

ゴミ屋敷発生の原因とは

部屋中に物が溢れ、足の踏み場もなくなっている汚部屋には、生活必需品のほかに、他人から見ればゴミとしか思えないものが積み重なっています。

その内容は食品や飲料などの空容器、古新聞や雑誌、洗濯していない衣類など、さまざまです。

共通しているのは、ゴミ屋敷が周囲にとって迷惑でしかないということ。

悪臭や害虫の発生など衛生面の問題が筆頭に挙がりますが、それ以外にも「ゴミの重みで床が抜ける」「引火しやすく火災を招きかねない」など、深刻な問題もあります。

家主も自分の部屋が不快だと知っているため、他人を避けるようになり、社会から孤立するという悪循環が生まれやすいのです。

では、なぜゴミ屋敷が生まれてしまうのでしょうか?

  1. 何らかの理由で、家事を行っている時間がないため、室内にゴミが堆積してしまう。
  2. ゴミの出し方を注意されて以来、ゴミが出せなくなってしまう。
  3. 周囲からわざわざゴミを拾い集めてきてしまう。

ゴミ屋敷の家主は、上記いずれかのタイプにあてはまることが多くなっています。

こう記しても、自覚のない人にとっては納得のいかない部分が多いでしょう。そこで以下に、ゴミ屋敷の家主によく見られるタイプを紹介します。

片付けが極端に苦手

誰にでも苦手な事物はあるものだが、それがたまたま「片付け」だった場合、日々の忙しさも相まって汚部屋の惨状から目を反らすようになってしまう。

ゴミの溢れている生活空間に、不快感を覚えない

ゴミの山の中でも平然と生活を営める。また、本人には「何がどこにある」かわかっているため、意外と快適に生活を送っていることも。

身体的に障害があったり、注意欠陥・多動症候群(ADHD)である

心身の障害により、思うように片付けが遂行できない。

気が弱く、対人恐怖症的な一面がある

ゴミ出しで遭遇したトラブルを気に病み、部屋にゴミをため込んでしまう。

物に執着があり「もったいない精神」が強い

高齢者に多く見られるタイプで、物を捨てることができない。また本人にしか理解できない理由の元に、外部からわざわざ物を拾い集めてきてしまうこともある。

いかがでしょうか?さまざまな原因が考えられますね。

しかしゴミ屋敷は当人にとっても、他人にとっても有益でないのは明らかです。場合によってはカウンセリングなどを受けながら、ゴミ屋敷を生んでしまう自身の内面と向き合う必要があるかもしれません。

また自分自身ではどうすることもできなくなってしまったゴミ屋敷は、プロの清掃業者に依頼することで、きちんと清算しなければなりません。

見積もり費用を徹底比較!

ゴミ屋敷片付け業者3選

最安

お部屋
片付け日本一

300,000

エモーション

400,000

便利屋ハピネス

470,000

この汚部屋で調査!