片付け方法まとめ

このページでは、ゴミ屋敷の片付け方法をリサーチしています。

ゴミ屋敷の片付け方法とは

部屋中のいたるところにゴミが散乱し、山となっている汚部屋。家主は意外に平然と生活を送ったりしているものですが、周囲に与える迷惑を考え、早急に片付けを進める必要があります。

片付け前の準備

汚部屋の内部にあるもののほとんどは、通常のゴミ出しで片付けられます。常識的な感覚の持ち主であれば、収集日に回収してもらえるはずのゴミが溜まってしまうことで、汚部屋ができてしまいます。

片付け前には、以下のものを準備しましょう。

自治体が配布しているゴミ出しの指示書

各自治体が定めるルールに従ってゴミを分別し、回収してもらうことでスムーズなゴミ出しが実現します。指示書がなければ、役所などへ赴いて手渡してもらうか、ホームページなどで確認しましょう。

大量のゴミ袋

「燃える」「燃えない」など種類を分け、とりあえずゴミを袋に押し込んでしまえば、悪臭や害虫発生の可能性を低く抑えていくことができます。

軍手や雑巾、掃除シートなどの一般的なグッズ

ゴミ屋敷は不衛生な環境ですから、ゴミに直接触れなくても済むよう、軍手などを用意しましょう。

また清掃中、食べ物の容器に残った腐敗物などを部屋にこぼしてしまう可能性もあります。すぐ処理ができるよう、雑巾などのお掃除グッズも完備を。

さらに湿性の掃除シートがあれば、片付け後に顔を出すフロアなどをサッと一拭きできます。これだけでも、汚れや埃の多い環境がかなり改善されるでしょう。

片付けのコツ

ゴミ屋敷の家主は、ものに対して執着心が強いケースが多くなっています。しかし片付け中に迷ってしまうと、その都度作業の手を止めることになります。

片付け始めた場所ごとでも良いので「捨てるもの、捨てないもの、判断がつかないもの」の山を作り、地道に処理していきましょう。「捨てられないもの、判断がつかないもの」は、それぞれいったん段ボール箱などにまとめておくと良いかもしれません。

また入口や廊下などの動線、衛生環境が悪化しやすい水回り部分の清掃からスタートすれば、あとあとの作業が楽になっていきます。

プロに頼るという手も

とは言え、上記のような準備や片付けが行える人なら、家屋をゴミ屋敷にしてしまうことはないかもしれません。

また汚部屋の中に通常のゴミ出しでは処理できない不用品が含まれることも、考えられます。粗大ゴミの回収ルールは複雑な場合が多く、その煩雑さから清掃を挫折してしまうようなことがあっては、元も子もありません。

「自力では難しそう」と考える場合は、プロの清掃業者に頼るのも一案。室内の清掃はもちろん、不用品の回収についても相談が可能。

すぐ新しいスタートを切りたい、という方は依頼を検討してみて下さい。

見積もり費用を徹底比較!

ゴミ屋敷片付け業者3選

最安

お部屋
片付け日本一

300,000

エモーション

400,000

便利屋ハピネス

470,000

この汚部屋で調査!