HOME » アナタのゴミ屋敷の危険度を今すぐチェック » ゴミ屋敷に住む女性が増えているってホント?

ゴミ屋敷に住む女性が増えているってホント?

このページでは、年々増え続けている女性のゴミ屋敷問題について解説しています。

片付けられない人の多くは女性

一般的に、仕事はしっかりしていても私生活はだらしないのが男性で、几帳面で身の回りのものはキレイに整えているのが女性というイメージがあると思います。

しかし意外にも、ゴミ屋敷や汚部屋を作ってしまう人は女性に多いと言われているのです。片付け業者のなかには、依頼主の8割が女性だというところもあるほど。家の外ではキレイに装っていても、いざ自宅に戻ると部屋を片付けられないゴミ屋敷の主になってしまう女性が年々増えてきているのです。

女性がゴミを片付けられない原因

なぜ女性はゴミを片付けられないのか、またなぜゴミが溜まりやすいのか、その原因を詳しく解説していきます。

集めた衣類や小物が捨てきれない

女性は男性に比べ、アクセサリーやバッグなどの小物や衣類を多く集める傾向にあります。また、集めたモノは捨てずに保管する人が多いため、どんどん増えていき、結果的に部屋中がモノで溢れかえってしまうのです。

ストレス解消や自分へのご褒美として買い物を楽しむ女性が多いですが、その分使わなくなった小物や衣類はきちんと断捨離することが大切。モノを捨てきれないタイプの方は、普段からモノを溜め込まない癖をつけておくと良いでしょう。

仕事が忙しく片付ける余裕がない

労働環境が整備され始めたことによって、今や日本は女性も活躍できる社会となりました。しかしその一方で、人手不足やハラスメント問題などにより、ストレスが溜まりやすくなっているのも事実。仕事でクタクタになって帰ってきた状態では、なかなか片づける気力も生まれないでしょう。

休日も疲れから一日中寝てしまったり、ダラダラと過ごしてしまったりで、体を動かす余裕がないため、どんどんゴミが溜まるという悪循環に陥ってしまうのです。

自力でゴミを運び出すことができない

女性の部屋がどんどんモノで溢れかえってしまう原因の一つに、自力でゴミを外に運び出せないという問題があります。掃除を始めようとしても、山積みになったゴミは想像以上に重量があり、女性1人の力ではなかなか片づけるのが困難。その結果一度は片付けをしようと思っていた気持ちも下がり、最終的に片づけを諦めてしまうため、ゴミは一向に減らず、むしろ増えていく一方になるのです。

ゴミ屋敷には大きく分けて2つのタイプがあります。1つ目が、ゴミは捨てられるけど、モノを捨てることができないタイプ。2つ目が、コンビニ弁当の容器や飲み終わったペットボトルなど、明らかなゴミが捨てられないタイプです。

女性の場合は、ほとんどが1つ目の「モノ」を捨てられないタイプに該当します。女性がゴミを溜め込まないようにするには、いらなくなったり使わなくなったりしたモノをしっかりと判別し、定期的に処分する習慣をつけることが大切です。

女性がゴミ屋敷の悩みを解消するためには?

先ほどお伝えしたように、女性の部屋がゴミ屋敷化しないためには、普段からモノを溜め込まないよう心がけることが大切。

しかし、これはあくまでも予防策です。すでにゴミ屋敷と化している場合は、健康被害や火災といったトラブルが発生する前に早めの対策を取る必要があります。とはいっても、仕事が忙しく、大量に溜まったゴミも女性1人ではなかなか片づけられません。そこで、頼りになるのが片づけ専門の業者です。片付けのプロである専門業者に依頼すれば、手間をかけることなくその日のうちで部屋がキレイに片づきます。

また、ゴミを回収するだけでなく、リサイクルや部屋の消臭まで行なってくれる業者も多いので、非常に便利です。 費用はかかりますが、手間をかけず短期間でゴミ屋敷から抜け出せると考えれば、決して高い出費ではないでしょう。部屋を片付けたいけど、1人ではどうしようもないと悩んでいる方は、一度専門の業者に相談してみてはいかがでしょうか。

見積もり費用を徹底比較!

ゴミ屋敷片付け業者3選

最安

お部屋
片付け日本一

300,000

エモーション

400,000

便利屋ハピネス

470,000

この汚部屋で調査!