HOME » アナタのゴミ屋敷の危険度を今すぐチェック » 知らなきゃ将来ゴミ屋敷?粗大ゴミと不燃ゴミの違いについて

知らなきゃ将来ゴミ屋敷?粗大ゴミと不燃ゴミの違いについて

粗大ゴミとは

自治体によって定義に若干の差はあるものの、粗大ゴミとは、「一定以上の大きさのゴミ」のことを指します。

粗大ゴミの定義

東京都渋谷区の場合、「粗大ゴミとは、家庭から出る家電類や電気製品類、その他一辺の長さが30センチ四方を超えるものです」と定義しています。自治体によって若干差はあるものの、おおむねこの定義が粗大ゴミに当てはまります。

例えば、家具、自転車、楽器、布団、カーペット、掃除機などは粗大ゴミです。

なお、注意書きとして渋谷区の場合

  • 一辺の長さが180センチを超えるものは、180センチ以下に切断・解体してから申し込みしてください
  • 事務所からなどから出る粗大ゴミは区で収集できません。民間の業者に処分を委託してください。

とあるため、事前に注意書きは必ずチェックしておきましょう。

粗大ゴミの処分手順

粗大ゴミの処分手順は以下の通りです。

  1. 申し込み…自治体の粗大ゴミ受付センターに電話もしくはネットで申し込み
  2. 処理券を購入…センターから指定されたスーパーやコンビニなどの有料ゴミ処理券取引所で有料粗大ゴミ処理券を購入する
  3. 粗大ゴミを出す…処理券を粗大ゴミに貼り、玄関前など指定の場所に出す

なお、高齢の方や障がいがある方などの場合はセンターに相談すると清掃事務所のスタッフが運び出してくれることがあります。自分は住んでいる自治体はどうなっているのか、しっかり確認しておきましょう。

処分にかかる料金

大きさによって異なりますが、処分にかかる料金は渋谷区の場合400円〜2,800円です。

粗大ゴミとして処分できないもの

以下のものは一見粗大ゴミとして取り扱いがちですが、粗大ゴミとして処分できないので気をつけてください。「これはどうなのかな?」と迷ったら、一度受付センターに確認してみましょう。

  • テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機
  • パソコン
  • タイヤ
  • その他事業系のゴミ

参考:「粗大ゴミ」渋谷区

不燃ゴミとは

不燃ゴミとは、以下のような種類のゴミのことです。

  • 小型の金属
  • 小型の刃物
  • 陶器、ガラス
  • ライター
  • 電球、蛍光管
  • アルミホイル、乾電池、カイロなど

不燃ゴミの処分手順

月に1回、住んでいる地域ごとに指定されている場所に出しておけば処分してくれます。ただ、刃物類は危険のないようにしっかりと包み「危険」と表示したり、ライターは使い切った後に「危険」と表示したりするなど、工夫が必要です。

処分にかかる費用

無料です。不燃ゴミの処分に特別な料金はかかりません。

参考:「不燃ゴミ」渋谷区

粗大ゴミと不燃ゴミの処分には計画性が必要

このように、粗大ゴミと不燃ゴミの処分には可燃ゴミと違ってある程度の計画性が必要です。特に粗大ゴミは事前に申請をしたり、粗大ゴミとして回収できないゴミと分別したりする必要があるので、特に気をつけてください。

見積もり費用を徹底比較!

ゴミ屋敷片付け業者3選

最安

お部屋
片付け日本一

300,000

エモーション

400,000

便利屋ハピネス

470,000

この汚部屋で調査!