事例まとめ

このページでは、清掃業者の力を借りて、ゴミ屋敷から脱出した人の事例を紹介します。

ゴミ屋敷片付け事例1:神奈川県在住・20代男性の場合

ゴミ屋敷

もともとずぼらな性格でしたが、社会人になってひとり暮らしを始めても家事が一切できず、部屋がどんどん汚くなっていきました。

また仕事が結構な激務なので、部屋には眠りに帰るだけ。そのため、多少汚くてもあまり気にならなくなっていたのです。しかし気付くと、ベッド以外の場所はゴミだらけ。埃もすごかったようで、咳が止まらないこともありました。

そんな僕にも彼女ができたので、汚い家には帰らず、彼女の家で半同棲をしていました。本格的にふたりで住む話が決まり、引っ越すことになったのですが、退去前に大量のゴミを処理することがどうしても難しく、清掃業者にお願いすることにしたのです

幸い料理はほとんどしていなかったため、生ゴミはほとんどありませんでした。また部屋自体も狭かったので、それほど料金は嵩まず、10万円以下で済みました。

今後は彼女に迷惑をかけないよう、掃除の習慣を付けていこうと心に誓っています。

ゴミ屋敷片付け事例2:埼玉県在住・30代女性の場合

自分の部屋がゴミ屋敷化しているのを誰にも相談できず、悩んでいました。藁をもすがる思いで業者さんに相談したところ、とても親身に対応してくれたので、依頼することにしました。

実際の作業が始まると、わずか数時間であんなに汚かったお部屋がとってもきれいになりました。

また掃除の仕方について、とてもタメになるアドバイスも授けてくれました。二度とあんなに汚い部屋にならないよう、努力していくつもりです。

ゴミ屋敷片付け事例3:東京都在住・80代男性の場合

母に先立たれた父は独居を続けていたのですが、訪れるたびに家がゴミ屋敷化し、ゴキブリなども見かけるようになったので、ついに清掃業者さんへ依頼することにしました

予想はしていましたが、作業は大変難航したそうです。層になったゴミには生ゴミも含まれていたため、悪臭が発生していたり、固形化していたのだとか…。

最終的には、予定していた2トントラックにも収まらない容量のゴミが出たそうで、頭が上がりません。

また予算を鑑みて、できる範囲の清掃サービスも行ってくれたとのことで、本当に感謝しています。

ゴミ屋敷片付け事例4:東京都在住・20代男性の場合

仕事が忙しく、帰宅が深夜になることも珍しくない環境で、部屋に着いたらコンビニ弁当を食べて寝る日々が続きました。掃除や片付けをする気力も時間もない生活の中で、気が付けばゴミ屋敷と呼ばれるような状態でした。

これはまずいと思っても、自分で片付ける意欲がわかず、次第に部屋に帰るのが嫌になってしまったのです。食べ物が入っていた容器や散らかった衣類の中から、虫が動く音や姿を見ると、逃げ出してしまいたい気分になりました。

しかし、住み替えるにしても片付けないわけにはいかないので、プロにお願いすることにしたのです。

ゴミを袋に詰め込んで運び出し、汚れの目立つ部分を清掃してもらえれば十分だと考えていたのですが、細かく希望を聞いてくれて、丁寧な作業をしてもらえたのがよかったです。

そして、入居時のようにピカピカに仕上げられた部屋を見たとき、この状態を維持しようという気持ちになれました。

ゴミ屋敷片付け事例5:東京都在住・70代男性の場合

一人暮らしをしていた弟が亡くなり、遺品と部屋の片付けをすることになりました。ところが、入ってみると、そこはゴミ屋敷と呼ばれるような状態。もう驚くと同時に、これをどうやって片付ければいいのかと、頭を抱えてしまいました。

とはいえ、いつまでも放置することはできないため、知り合いに教えられた専門業者さんにお願いすることに。さすがは専門家だけあって作業も速く、数日はかかるのではないかと思っていたゴミの撤去と遺品整理が、翌日には完了しました。本当に頼んでよかったです。

ゴミ屋敷片付け事例6:神奈川県在住・20代女性の場合

ゴミ

小さい頃から片付けが苦手な私は、一人暮らしをはじめた頃から部屋が散らかり放題になりました。地元から離れていたので、部屋に呼ぶ友人もいないため、片付けなくても問題ないと軽く考えていた部分もあります。

でも、ドンドン汚くなってしまう部屋を誰かに見られたら嫌だなという気持ちはずっと持っていたのです。

あるとき、テレビでゴミ屋敷の特集を見て、自分も片付け業者さんに依頼してみようかとは思うものの、この部屋を見られるのは恥ずかしいし、片付けが終るまでいたたまれない気分になりそうで思い切れませんでした。

そんなとき、ある事情があって片付けることになり、業者さんに来てもらいました。そこでうれしかったのが、片付けの最中に立会う必要がなかったことです。終った頃に部屋に戻って、確認だけすればOKでした。

3年の間にたまったゴミがなくなって、クリーニングされた部屋は見違えるようで、二度とあんな状態にはしたくないと思いました。

ゴミ屋敷片付け事例7:神奈川県在住・40代女性の場合

私の実家は、自宅から車で1時間程度の場所にあります。母が元気だった頃は、いつもきれいに片付いていました。母が亡くなってからは、父が一人で暮らしていますが、この父が片付けのできない人でした。

たまに様子を見に行くと、脱いだ服がその辺に置きっぱなしになっていたり、ゴミが捨てられずに散乱していたりで、その都度、私が掃除と片付けをしていたのです。

ただ、往復2時間かかることもあり、そう頻繁に実家に通うわけにもいきません。しばらく経ってから行ってみると、私が一人でやってどうにかなるレベルではなくなっていました。それでも、できる範囲で片付けようとしてみたのですが、減らないゴミとあの害虫の前に挫折する結果に。

もう、費用がかかっても仕方ないから業者に頼もうよと父を説得して、本格的に改善することにしたのです。担当の方の丁寧な説明と、プロらしいテキパキとした作業に満足しています。費用も明朗会計で助かりました。万が一、元に戻ってしまったとしても、またお願いしようと思っています。

ゴミ屋敷片付け事例8:東京都在住・50代男性の場合

うちの母は、とにかく「もったいない」が口癖で、物を捨てられない性格で、いつも家の中は物で溢れていました。それだけならまだいいのですが、いつしか、ゴミのようなものまで捨てられなくなったのが困ったことでした。

本人にとっては大事な物なのでしょうが、生活するスペースがなくなるほど物があるのは問題です。それは母もわかってはいたようですが、それでも捨てるとか片付けるとかいう決断はできなかったようです。また、自分に母の家の片付けができるわけでもありません。

そこで、片付けの専門業者に依頼することにしました。その段階では、母は捨てる気半分、残す気半分といった感じで、正直なところ業者が来てから嫌だと言い出すのではないかと不安な面もありました。

ところが、そこはプロというべきでしょうか、業者の担当者さんは、母の気持ちを重視しながら、それでいてしっかりと片付けるという作業をしてくれたのです。

考えてみれば、片付けられないお客の気持ちのとおりにやっていたら、片付くわけがないですよね。だからといって強引に片付けるというわけではありません。やはり、プロに頼んでよかったといえます。

ゴミ屋敷片付け事例9:埼玉県在住・60代男性の場合

賃貸アパートを経営しているのですが、単身者用の物件を借りてもらっている男性が部屋をゴミ屋敷にしていました。この男性が転居することになり、片付けの手配をこちらで行うことになったわけですが、費用負担の点が気になっていました。

幸い、業者の見積もりは迅速で、金額的にも男性に負担してもらえる範囲で収まるものだったのでお願いすることで合意。費用とともに心配だったのが、どこまでキレイになるのか? という点でしたが、思っていた以上にしっかりと片付き、清掃もされており、納得できる結果を得ることができました。こういう業者があるのは、賃貸経営者として心強いです。

ゴミ屋敷片付け事例10:東京都在住・30代男性の場合

独身の一人暮らしで、好き勝手に生活していたら、いつの間にかゴミ屋敷の住人になっていました。ちょっとの積み重ねがこんなことになるのかと自分でもビックリです。

とにかく、一刻も早く片付けたいとは思うものの、いざスタートすると、ゴミのようでゴミではないと思う品々を見ては作業の手が止まります。これでは、いつまで経っても片付きません。

そうすると、別に片付けなくてもいいのではないかと思えてきます。しかし、借りている部屋があまり汚いとまずいですよね。一気に片付けるべきともいえます。それなら、業者に任せればいいのでは? あれこれ見ては作業が止まるとうことはないはずですから。

そんなことを考えながら、見積もりを頼んだ業者は、スピーディかつ親切で、こちらの希望を聞き取ったうえで片付けてくれました。しかも、ただ片付けるのではなく、残す物についても分別をして、後で困らないように配慮してくれました。

それなりに費用はかかりますが、内容を考えれば高くはありませんでした。こんなに便利なサービスなら、機会があれば、また利用したいと思ってしまいそうです。しかし、二度とゴミ屋敷を作らないことの方がたいせつですね。

 

いかがでしょうか?ゴミ屋敷に悩んでいた多くの依頼者が、業者の力で新しいスタートを切っています。同様の悩みを抱えている人は、今すぐ依頼を検討してみて下さい。

見積もり費用を徹底比較!

ゴミ屋敷片付け業者3選

最安

お部屋
片付け日本一

300,000

エモーション

400,000

便利屋ハピネス

470,000

この汚部屋で調査!