事例まとめ

このページでは、清掃業者の力を借りて、ゴミ屋敷から脱出した人の事例を紹介します。

ゴミ屋敷片付け事例1:神奈川県在住・20代男性の場合

もともとずぼらな性格でしたが、社会人になってひとり暮らしを始めても家事が一切できず、部屋がどんどん汚くなっていきました。

また仕事が結構な激務なので、部屋には眠りに帰るだけ。そのため、多少汚くてもあまり気にならなくなっていたのです。しかし気付くと、ベッド以外の場所はゴミだらけ。埃もすごかったようで、咳が止まらないこともありました。

そんな僕にも彼女ができたので、汚い家には帰らず、彼女の家で半同棲をしていました。本格的にふたりで住む話が決まり、引っ越すことになったのですが、退去前に大量のゴミを処理することがどうしても難しく、清掃業者にお願いすることにしたのです。

幸い料理はほとんどしていなかったため、生ゴミはほとんどありませんでした。また部屋自体も狭かったので、それほど料金は嵩まず、10万円以下で済みました。

今後は彼女に迷惑をかけないよう、掃除の習慣を付けていこうと心に誓っています。

ゴミ屋敷片付け事例2:埼玉県在住・30代女性の場合

自分の部屋がゴミ屋敷化しているのを誰にも相談できず、悩んでいました。藁をもすがる思いで業者さんに相談したところ、とても親身に対応してくれたので、依頼することにしました。

実際の作業が始まると、わずか数時間であんなに汚かったお部屋がとってもきれいになりました。

また掃除の仕方について、とてもタメになるアドバイスも授けてくれました。二度とあんなに汚い部屋にならないよう、努力していくつもりです。

ゴミ屋敷片付け事例3:東京都在住・80代男性の場合

母に先立たれた父は独居を続けていたのですが、訪れるたびに家がゴミ屋敷化し、ゴキブリなども見かけるようになったので、ついに清掃業者さんへ依頼することにしました。

予想はしていましたが、作業は大変難航したそうです。層になったゴミには生ゴミも含まれていたため、悪臭が発生していたり、固形化していたのだとか…。

最終的には、予定していた2トントラックにも収まらない容量のゴミが出たそうで、頭が上がりません。

また予算を鑑みて、できる範囲の清掃サービスも行ってくれたとのことで、本当に感謝しています。

 

いかがでしょうか?ゴミ屋敷に悩んでいた多くの依頼者が、業者の力で新しいスタートを切っています。同様の悩みを抱えている人は、今すぐ依頼を検討してみて下さい。

見積もり費用を徹底比較!

ゴミ屋敷片付け業者3選

最安

お部屋
片付け日本一

300,000

エモーション

400,000

便利屋ハピネス

470,000

この汚部屋で調査!