HOME » 汚部屋解消のミカタ!片付け業者とは » 孤独死のあった現場をきれいにする特殊清掃

孤独死のあった現場をきれいにする特殊清掃

「特殊清掃」という言葉は、どこかで聞いたことがありますか? 特殊清掃には、いろいろと特別な器具や薬品なども必要になり、普通のハウスクリーニングとはかなり違います。孤独死の現場の清掃は何が大変なのかというポイントを確認し、特殊清掃を頼む意味について知っておきましょう。

また、特殊清掃に必要な資格や、特殊清掃業者に仕事を依頼する時のポイントについても説明します。孤独死の清掃をお考えの方は、ひと通り読んで、業者へ依頼するかどうかを判断してください。

孤独死の清掃について

孤独死があった現場は、死体がしばらく放置されていた影響で死臭がものすごく、通常の掃除ではなかなかきれいにできない状態です。ゴミ屋敷でも異臭は漂いますが、遺体から放たれる悪臭はかなり強く、素人が掃除をするだけでは到底消えません。

多くの人が、孤独死のあった部屋を特殊清掃業者に依頼する理由のほとんどは、その悪臭処理と遺体のあった場所などのしみ抜きなど、通常の清掃では無理な部分をきれいにしてもらうためです。特殊清掃業者は、特殊な器具や薬品など、あらゆるものを駆使してほとんど分からないレベルにまで清掃を行います。

また、孤独死の原因が何かの感染症の場合、素人が掃除をすると、感染症にかかってしまうリスクもあります。特殊清掃業者は、感染症に対するリスクにも備えていますので、二次災害を極力抑えて現場をきれいにしてくれるのです。

特殊清掃業者の仕事

特殊清掃業者の仕事は、遺体の現場処理だけではありません。どのような作業があるのかご紹介します。

  • 遺体の現場処理
  • 遺品整理
  • 害虫駆除
  • 部屋の掃除

最低限、遺体の現場処理や部屋の掃除はお願いすることになりますが、現場がゴミ屋敷になっていて遺品整理もままならない場合、その部分も手伝ってもらえます。虫が湧いていた場合の害虫駆除も、現場の状況によっては必要です。

特殊清掃に必要な資格

まさに孤独死に対応するプロといってもいい特殊清掃業者ですが、特殊清掃に必要な資格はありません。しかし、その業者の実力を見る目安としては、民間の資格ではありますが「事件現場特殊清掃士」※1と「遺品整理士」※2という資格があります。この資格を持っていると、一定の知識はあると見てよいでしょう。

業者に頼むポイント

特殊清掃業者に清掃を依頼する場合は、実績を積んだ業者であるかどうかを見極めることが重要です。経験が浅く不勉強な業者の場合、悪臭が消えず、結局別の業者に頼み直す必要が出てしまいます。無駄な出費を避けるためにも、業者選びでは実績や口コミをよく確認してください。

【参考】

見積もり費用を徹底比較!

ゴミ屋敷片付け業者3選

最安

お部屋
片付け日本一

300,000

エモーション

400,000

便利屋ハピネス

470,000

この汚部屋で調査!