HOME » 汚部屋解消のミカタ!片付け業者とは » 業者選びのポイント

業者選びのポイント

このページでは、ゴミ屋敷清掃業者の選び方を調べています。

ゴミ屋敷清掃業者の選び方

ゴミ屋敷の清掃は、プロの清掃業者に依頼するのがおすすめです。しかし、世の中には多くの清掃業者が存在しています。「何を基準に依頼したらよいのか、わからない」という人もいるでしょう。そこで、選び方のポイントを以下に紹介していきます。

1.見積もりを依頼しやすいか

ゴミ屋敷清掃は、有料です。しかし依頼する側にも予算がありますので、事前に見積もりを取る必要はあります。

ほとんどの業者が契約前の見積もりに対応していますが、電話での説明だけで、正確な金額を出すのは難しいもの。理想的なのは現場見積もりです。

しかしスケジュール調整が難しくなるため、相見積もりは取りにくくなってしまいます。できれば複数社の料金を確認したいところですから、悩ましいですね。

近年はホームページの問い合わせフォームから、依頼者の撮った写真を送信可能にしている業者も多く存在しています。

この方法なら一度に複数社への見積もりを依頼できますし、正確な情報を伝えることも可能です。

ユーザーにとって利用しやすいサービス環境を整えている業者を選び、優先的に見積もりを依頼して下さい。

【要注意!ブラック業者の手口】
★現場で多額の上乗せをする
見積もり料金を安く提示して契約を取り、現場で多額の追加料金を請求します。

2.スタッフの対応力は?

ゴミ屋敷の清掃は、依頼者にとってデリケートな作業。マンションなどの集合住宅が現場の場合、周囲の人に悟られないよう、作業を進める必要があります。また内部状況が悪化しないよう、速やかに清掃してくれる業者でなくては困りますよね。

事前調査の段階で現場スタッフの動きを正確に把握するのは困難ですが、ホームページに掲載されている情報から、どのような理念を以て作業にあたっている業者なのか、ある程度確認することは可能です。

  • 依頼者のプライバシー管理のためにどのような対応を行っているか。
  • 費用を抑え作業効率を上げるため、どのような試みを実践しているか。

上記の2点は、必ず確認したうえで依頼へ進むようにして下さい。ゴミ屋敷清掃以外にも、特殊清掃やハウスクリーニング業務を請け負っているようなら、対応力は高いと予想できます。

また困っている依頼者に対し、冷たい対応を取るような業者は信頼できません。問い合わせの段階から親身になってくれる業者かどうか、よく見極めるようにしましょう。

【要注意!ブラック業者の手口】
スタッフ対応がずさん
依頼者の意向を尊重しない、作業中に依頼者のプライバシーや
近所への配慮がない、などのずさんな業者は問題。

3.不用品の処理は?

ゴミ屋敷を清掃する過程で、処理しにくい粗大ゴミや家電が出てくる可能性はありますか?そうした場合は、法律に従って適正な処理を行わなければなりません。

清掃後にこれらのゴミを残されてしまうようでは、依頼した意味がありませんから、不用品処理についても相談できる業者を選びたいもの。依頼の際は「産業廃棄物収集運搬業許可証」を取得している業者かどうか、確認して下さい。

【要注意!ブラック業者の手口】
不法投棄を行う
粗大ゴミや家電の回収を行ったうえで、法律に従わず、不法投棄を行います。
出所が判明してしまった場合、依頼者も罪に問われることがあります。

見積もり費用を徹底比較!

ゴミ屋敷片付け業者3選

最安

お部屋
片付け日本一

300,000

エモーション

400,000

便利屋ハピネス

470,000

この汚部屋で調査!