火災

このページでは、ゴミ屋敷のリスクのひとつ「火災」について調べています。

ゴミ屋敷はなぜ火災を引き起こしやすいのか

足の踏み場もない状況の、ゴミ屋敷。家屋内部どころか、外部にまで不要物がはみ出しているという場合もあります。

ゴミ屋敷には数多くのリスクがあります。その最たる例は、火災。実際にゴミ屋敷から火が出た挙句、住居者が死亡するという事件も発生しています。一体なぜ、ゴミ屋敷は火災を引き起こしやすいのでしょうか。

小さなきっかけでも大災害に!

至る所に物が溢れているゴミ屋敷は、些細なきっかけで大火事を引き起こしやすい環境にあります。 その引き金となるのは?

  1. タバコや蚊取り線香などの火
  2. ガスなどの生活上必要不可欠な火
  3. 電気コンセント

1、2に関して、一般的な生活環境では、よほど不注意がなければ大災害に発展することはありません。もしはずみで火の元から他の場所に引火したとしても、すぐ消し止めることは可能。

せいぜいフロアのごく一部を焦がしてしまう程度の損害で済むはずです。しかしゴミ屋敷は、延焼を呼ぶ不要物の宝庫。瞬く間に物から物へ火の手が移り、自力では消し止められないほどの勢いを持ってしまうのです。

3は、コンセントの周囲に溜まった綿埃によって引き起こされます。ほこりが湿気を帯びると、プラグ部分で「火花放電」が起こるようになってしまうのです。

多くの汚部屋は、コンセントがゴミに埋もれてどこにあるのかもわからない状況ですから、わずかな火花もすぐ引火。結果として、大火災になってしまうのです。

さらに一軒家のゴミ屋敷は、愉快犯を引き寄せてしまう可能性も高いようです。放火で全焼するケースもあるというのですから、怖いですね。

大惨事の前にプロの手を借りよう

ゴミ屋敷の持ち主は、何らかのきっかけで悪循環にはまり、劣悪な環境から抜け出せなくなっていることが多いようです。

そもそも自力で片付けられるのであれば、ゴミ屋敷になるはずもないのですから、清掃作業が大きな負担となることは、容易に想像がつきます。

一向に終わりの見えない作業中、ちょっと一服したり、お湯を沸かしたりというきっかけで火災を引き起こしてしまう可能性もありますので、注意が必要ですね。

やはりゴミ屋敷の清掃は、プロの手を借りて一気に終わらせてしまうのが、一番安全かつ、早道と言えるのではないでしょうか。

見積もり費用を徹底比較!

ゴミ屋敷片付け業者3選

最安

お部屋
片付け日本一

300,000

エモーション

400,000

便利屋ハピネス

470,000

この汚部屋で調査!