HOME » ゴミ屋敷のリスク・トラブルまとめ » ゴミ屋敷に住むと病気に!リスクと症状を解説

ゴミ屋敷に住むと病気に!リスクと症状を解説

ゴミ屋敷は、体に非常に大きな悪影響を与えるといわれています。 その悪影響の原因や症状について解説します。

ゴミ屋敷は感染症を引き起こす

ゴミ屋敷は、ゴミが散乱している、窓が開けられず換気ができない、などの理由によってさまざまな感染症の原因をつくってしまいます。

ゴミ屋敷でよく見られるカビやホコリなどは、感染症、アレルギー疾患となるのです。

汚い部屋に発生する大量のカビ

ゴミ屋敷掃除をせずに放置している部屋にはカビが発生します。 部屋中に数え切れないほど大量のカビの胞子がまき散っており、カビの胞子で充満している状態です。

一見、エネルギー源になるとは思えないものであっても、カビはエネルギー源として生きることができるのです。 たとえごく少量の汗でもカビはエネルギー源として増殖することができます。手の垢などが付着しているガラスやコップなどでもカビは生えるため、注意が必要です。

カビの胞子がエアコンに吸い込まれて、室内にどんどん拡散されるとアレルギー疾患を引き起こす可能性が高くなります。中でも白緑色、灰緑色のカビはアレルギー原因物質であることが知られています。

エアコンの内部や浴室を掃除していない場合には、これらのカビが大量に繁殖する可能性があります。 カビが生えているにも関わらず放置してしまうとアレルギー疾患を引き起こす可能性が高まります。

エアコン内部や浴室などの水回りは特に注意が必要です。

ハウスダストアレルギーによる鼻炎

ゴミ屋敷のように部屋の掃除を一切していない場合、ゴミと一緒にホコリも増えていきます。このホコリを原因として発症する感染症がアレルギー性鼻炎です。

部屋の中にあるホコリはダニのエサになります。このダニがアレルゲンとなり、慢性鼻炎の発症原因になってしまいます。

花粉の時期を過ぎているにも関わらずくしゃみや鼻水が止まらない場合には、そのアレルギー性鼻炎を発症している可能性が高いです。

精神的な病気になることも

掃除や片付けができず家がゴミ屋敷になってしまう人は、ADHDなどを発症している可能性があります。 また片付いてない汚い部屋の中で暮らしていると、うつ病を発症してしまうこともあるのです。

原因がはっきりわかっているわけではありませんが、汚い部屋で暮らしていると心と体のバランスが悪くなってしまうのは間違いありません。

さらに、汚い部屋に暮らすことで、しなければならないことを後回しにしてしまう癖がついてしまいますし、散らかっている部屋で生活することで精神的に憂鬱になってしまいます。

部屋を片付けられない、片付けられない部屋を見て気分が沈む、ということを繰り返し、自分ではメンタルを調節できなくなってしまうのです。

まずはゴミ屋敷を片付けることが第一

このようにゴミ屋敷は肉体的な病気を発症しやすくなったり、メンタルにおいての不調をきたすようになったりしますので、まずはゴミ屋敷を片付ける必要があります。

ゴミ屋敷を自分ひとりできれいにするとなると長い時間がかかり、さらに片付けている間にアレルギー症状などが悪化する場合がありますので、やはり専門の業者に片付けを依頼することがおすすめです。

見積もり費用を徹底比較!

ゴミ屋敷片付け業者3選

最安

お部屋
片付け日本一

300,000

エモーション

400,000

便利屋ハピネス

470,000

この汚部屋で調査!