害虫

このページでは、ゴミ屋敷が生むリスクのひとつ「害虫」について調べています。

どこからともなく発生!ゴミ屋敷の害虫

至る所に汚物が積み重なるゴミ屋敷の中でも、特に気になるのは、生ゴミ。日数の経過で腐敗し、悪臭の原因となるのはもちろんですが、害虫を呼び寄せてしまう可能性があるからです。

またそれ以外にも注意しなくてはならないのが、衣類や紙類。家主が積み上げ、山にしてしまうこれらの物を専門に食す害虫もいるので、注意が必要です。

【要チェック!ゴミ屋敷に発生する害虫・害獣リスト】

  • ゴキブリ…見た目から引き起こされる不快感もさることながら、
    雑菌を運ぶことも気になる。
  • ハエ…雑菌の媒介となる可能性は、ゴキブリよりも高い。
    水回りに発生する小型のチョウバエも不潔。
  • ネズミ…衛生面での危惧は、ゴキブリ以上。
    家屋内で営巣し、増殖してしまう危険も。
  • 野良猫…主に家屋外部のゴミを漁り、糞尿を撒き散らす可能性有。
  • ダニ…刺されることで被害を被るだけでなく、
    アレルギーの原因ともなりかねない。特に梅雨時には大量発生する。
  • チャタテムシ、シバンムシ…古紙を好んで食い荒らす。
  • ヒメマルカツオブシムシ…衣類を好んで食い荒らす。

上記の害虫を一般家庭でも見かけることはありますが、ゴミ屋敷は彼らにとって天国。その分、増殖のスピードも速くなっています。家主の健康が脅かされるのも当然ですから、兆候を感じたら、すぐに手を打たなければなりません。

もはやプロの手を借りるしかない

ゴミ屋敷の持ち主は、何らかのきっかけで悪循環にはまり、劣悪な環境から抜け出せなくなっています。しかし、害虫の大量発生は、もはや末期症状。自分ひとりの手では解決できない「最悪のレベル」まで進んだことを認め、プロの手を借りるよりほかありません。

ゴミ屋敷の専門業者の中には、専門の薬剤を使用した「害虫駆除メニュー」を、清掃業務の中に加えていることが多くなっています。害虫の種類や量、生息場所などによって方法を調整して、数百~数千匹の個体を駆除してくれますので、ぜひ利用を検討してみて下さい。

自力で手が付けられなくなってしまったゴミ屋敷の清掃は、プロの手を借りて一気に終わらせてしまうのがおすすめ。周囲に及ぼす悪影響が大きくなってしまう前に、早めに手を打ちましょう。

見積もり費用を徹底比較!

ゴミ屋敷片付け業者3選

最安

お部屋
片付け日本一

300,000

エモーション

400,000

便利屋ハピネス

470,000

この汚部屋で調査!