悪臭

このページでは、ゴミ屋敷が生むトラブルのひとつ「悪臭」について調べています。

周囲を困惑させるゴミ屋敷の悪臭

至る所に汚物が散乱し、人々に不快感を与えるゴミ屋敷。しかし目で見るだけで済むなら、まだマシな方かもしれません。足早にその前を通り過ぎさえすれば、あとは無関係でいられるのですから…。

でも悪臭を発しているとしたら、話は別。一軒のゴミ屋敷から発生する臭いのせいで、周囲の被る被害は甚大です。場合によっては臭気のひどさで、暑い夏の日でも窓を開けることができなくなるでしょう。

ゴミ屋敷の内部にある不要物の多くは、食べ物の残りかすや生ゴミです。また清掃能力の欠落した家主は、飲み物などをフロアにこぼしてしまっても、掃除せず放置してしまうことが多くなっています。日数が経てば、腐敗臭が漂ってくるのも当然ですね。

また内部のこうした惨状が、悪臭の二次被害を生むことがあります。ゴキブリやネズミなどの害虫・害獣を引き寄せてしまうのです。

彼らが室内外に落としていく糞のせいで、悪臭はさらにひどくなっていくでしょう。ここまで進行してしまうと、周囲に及ぼす衛生面の悪影響さえ、気になってきます。

火元がなくてもゴミ屋敷にガスが発生して火事になる可能性が…!

家に火元がなくて、大量のゴミからガスが発生して火事になることがあります。実際に、東京でゴミ屋敷からの火災で住居者が死亡している事例もあります。

火災となると、自分だけではなく周りにも迷惑がかかります。大惨事の前に、一刻も早くプロの業者に相談することがポイントです。

手遅れになる前にプロの力を借りよう

ゴミ屋敷の持ち主は、何らかのきっかけで悪循環にはまり、劣悪な環境から抜け出せなくなっていることが多いようです。

清掃業者が提示する事例を見ていると、やはり内部にコンビニ弁当やカップラーメンの容器、膨大な数の空缶・ペットボトルなどが積み重なっているケースは多いのです。

「ひとつのゴミが出たら、放置せずその場で捨てる」という習慣さえ身に付ければ、このような惨状に至ることも避けられるはず。しかし、そもそも自力で片付けられる家主なのであれば、家屋がゴミ屋敷になるはずもありません。

彼らにとって、清掃作業が大きな精神的負担となっていることは、容易に想像がつきます。

自分の力ではどうすることもできなくなってしまったゴミ屋敷の清掃は、プロの手を借りて一気に終わらせてしまうのが一番。周囲に及ぼす悪影響が大きくなってしまう前に、手を打ちましょう。

見積もり費用を徹底比較!

ゴミ屋敷片付け業者3選

最安

お部屋
片付け日本一

300,000

エモーション

400,000

便利屋ハピネス

470,000

この汚部屋で調査!